排気ダクト・フード清掃

排気ダクト・フードとは?

飲食店の厨房排気ダクトは調理の油煙を排気するために無くてはならない設備です。しかし定期的な清掃やメンテナンスを怠ると、調理機器からの炎がグリスフィルターやフードの油塵に着火したり、排気ダクト内部に油塵が付着してダクト内への延焼を引き起こし飲食店火災になり得ます。

厨房は飲食店の中で最も火災を発生させる危険性がある場所です。しかし厨房排気周りやダクトの油塵汚染は見えにくい・気づきにくい部分でもあります。

万一厨房火災が発生した場合は、ダクトの入り口に設置された防火ダンパーが自動的に熱を感知して作動し、ダクトを閉鎖し火災がダクト内部へ延焼することを防ぎます。しかし定期的な清掃を怠ると、防火ダンパーが油塵で固着し作動不良を起こし火災がダクト内部に延焼しダクト火災が発生します。
ダクト内部の火災を消火することは困難で、結果として建物全体が延焼する危険が高まります。

排気ダクト・フード清掃を怠ると発生するリスク

  • ダクト内部へ油塵が付着し火災発生の危険性が高まる
  • 厨房換気能力が低下し厨房全体にまで油塵の汚れが及ぶ
  • 油煙が滞留し従業員が吸い込むことで健康問題に悪影響を及ぼす
  • 熱気がこもりエアコンの電気料金が増加する
  • ダクトからの油滴落下による食物汚染で衛生上の問題や美観上の不快感の発生
  • 防火ダンパーなど防災設備の作動不良を引き起こす

ダイナテックに依頼するメリット

排気設備と一言にいっても用途や設置箇所はこれほど多く存在しています。
株式会社ダイナテックのサービスなら以下全ての汚染されうる箇所を清掃することが可能です。

グリスフィルター

ダクトの入り口に設置して油塵がダクト内部に侵入するのを防ぐ。火災予防条例で設置の義務がある。
油塵の付着はかなり多く、定期的な清掃を怠ると目詰まりによる排気不良の原因になる。またグリスフィルター枠に設置されたオイルカップは定期的に溜まった油を廃棄しないと油滴の落下になる。

フード

フード内に吸引された油煙が急冷されるため、油塵が凝縮しやすい場所。付着した油塵は定期的な清掃を怠ると油滴が落下し食物の汚染に繋がる。

防火ダンパー

ダクトの入り口に設置されている。ダクトの熱を感知する温度ヒューズにより、火災が発生した場合に温度ヒューズが溶けて自動的にダクトの入り口を閉鎖する。ダクト閉鎖でダクト内部に延焼することを防ぐが、防火ダンパーが油塵で汚染され固着すると火災発生時に作動せずダクト閉鎖ができない危険性がある。

立ち上がりダクト

ダクトの入り口付近で横引きダクトに合流するまでのダクト部分。ダクト全体で最も油塵の付着が著しくワックス状の油塵が付着する。ダクト火災はこの部分に付着する油塵に引火するケースが多く、最も注意を要する部分。

横引きダクト

グリス状やワックス状の油塵がダクト内の底面を中心に全面に付着する。ダクトが曲がっている場合は油塵の付着が不均等になる。

排気ファン

羽根をベルトで回転して排気する。羽根面に油塵が付着すると排気能力が低下し排気ファンの回転バランスが崩れる。

排気ガラリ・防虫網

排気の出口に設置されており、網により飛来虫・鳥の侵入を防いでいる。網が油塵で目詰まりすると排気不良になる。