SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国だけではなく、先進国が取り組むユニバーサルなものであり、日本も積極的に取り組んでいます。 ダイナテックは、このSDGsの理念に賛同しその目標達成に貢献していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

「循環型社会実現のためにリユースビジネスを推進」

ダイナテックは持続可能な社会を実現するために、環境負荷軽減を推進し様々な社会課題の解決に向けた取り組みを行っています。グリスフィルターの再利用を通して資源の持続的な活用や循環型社会の拡大に貢献します。

安心・安全・快適な社会の実現

飲食店・商業施設の安全性・快適性に取り組み、災害リスク低減を推進します。飲食店・商業施設で「絶対あってはならない」火災リスク。しかし火災発生は増加傾向にあります。人命を脅かす火災防止に有効なサービス提供を通して安心・安全・快適な社会を目指します。

「サステナビリティ経営の実現」

ダイナテックの事業は、お客様・社員・取引先・地域社会といったステークホルダーから信頼され、理解されてこそ持続的な発展が可能になります。すべてのステークホルダーにとって必要とされる企業となり、サステナビリティ経営を実現します。

安心して働ける職場環境を実現

働き方改革の推進により、すべての社員にとって生きがい・働き甲斐のある職場環境を実現します。人材育成制度の構築で多様なキャリア形成を可能にし、自己成長を実感できる職場環境を推進します。働き易い職場を通して個性や能力を発揮でき、安心して長く働ける職場環境を創ります。